高橋栄一は、販路開拓、経営革新、黒字化、を実現する経営コンサルタントです。
神奈川県を中心に経営相談を行っております。
経営士、中小企業診断士の資格を持ち、経営相談、講演、セミナー等お引き受けいたします。

中小企業の皆様 経営に力を
販路開拓では飛び込み訪問2500社、大手・中堅企業発注企業の開拓訪問1000社の経験から生まれた実践的なコンサルティングを行います。
    
ホーム
 実践日誌5/20更新
コンサルタント
 販路開拓
 経営革新
 黒字化支援
コンサルタント事例
 内容詳細
講演依頼
 内容詳細
お問合せ
 内容詳細
ご意見募集
 内容詳細
プロフィール
 内容詳細
お知らせ
講演テーマに「業績は実行力で決まる」ほか、2テーマを追加

講演テーマに「下請企業の販路開拓の方法〜皆様と確認しましょう〜」ほか、4テーマを追加

講演テーマに「会計で経営を強くする」ほか、4テーマを追加

「創業・革新チャレンジャー 大器機械(株)」を掲載

講演テーマに「大不況を克服する3つの提案」を追加

講演テーマに「大競争時代に生き抜く事業場〜整備業はまだ恵まれている〜」を追加

「中小企業の「元気回復薬」 3服の勧め」を掲載

実践日誌を更新しました。
◆(財)神奈川中小企業センターから19年4月1日から1年間
 @発注開拓専門員
 Aインベスト神奈川企業発注開拓専門員を委嘱されました。
◆川崎市福祉サービス(保育所)第三者評価調査員に登録されました。

過去掲載記事
論文「新商品営業戦略の具体的な展開方法」

テクニカルショー2007に参加

湘南ひらつかテクノフェアに参加

新人営業マン訓練レジメ
強い下請け企業になる
「アーム式ピッチングマシンの開発」(株)ロボット工業

(株)コラソン「半導体洗浄・乾燥装置」『愛川町から中小企業の力を発信』

『国の製造業支援、中小企業次第』フジサンケイ ビジネスアイ(2008/4/9)に掲載

週間日誌
バックナンバー


・2012年2月分
・2012年1月分

・2011年12月分
・2011年11月分
・2011年10月分
・2011年9月分
・2011年8月分
・2011年7月分
・2011年6月分
・2011年5月分
・2011年4月分
・2011年3月分
・2011年2月分
・2011年1月分

・2010年12月分
・2010年11月分
・2010年10月分
・2010年9月分
・2010年8月分
・2010年7月分
・2010年6月分
・2010年5月分
・2010年4月分
・2010年3月分
・2010年2月分
・2010年1月分

・2009年12月分
・2009年11月分
・2009年10月分
・2009年9月分
・2009年8月分
・2009年7月分
・2009年6月分
・2009年5月分
・2009年4月分
・2009年3月分
・2009年2月分
・2009年1月分

・2008年12月分
・2008年11月分
・2008年10月分
・2008年9月分
・2008年8月分
・2008年7月分
・2008年6月分
・2008年5月分
・2008年4月分
・2008年3月分
・2008年2月分
・2008年1月分

・2007年12月分
・2007年11月分
・2007年10月分
・2007年9月分
・2007年8月分
・2007年7月分
・2007年6月分
・2007年5月分
・2007年4月分
・2007年3月分
・2007年2月分
・2007年1月分

・2006年12月分
・2006年11月分
・2006年10月分
・2006年9月分
・2006年8月分
・2006年7月分
・2006年6月分
高橋栄一
「事業承継マニュアル」を掲載。new!
「東京商工会議所・中小企業経営課題」を掲載。new!
「平成29年度税制改正の概要について」(中小企業・小規模事業者関係)を掲載。
「未来への投資を実現する経済対策」(平成28年8月2日閣議決定)を掲載。
「未来への投資を実現する経済対策」(平成28年追加経済対策)を掲載。
「経営力向上計画」を策定し申請すると中小企業等経営強化法による支援を受けられます。
  申請書の作成につきましては当方にお任せください。
「海外展開ハンドブック」を掲載しました。
「改正中小企業等経営強化法」を掲載しました。
「中小企業の海外展開を支援する各支援機関による支援施策集」を掲載
平成28年度創業者・中小企業者のための支援施策活用ガイド
はばたく中小企業・小規模事業者300 社」及び「はばたく商店街30 選」を選定しました。
経営者保証に関するガイドライン

                                                [ 過去記事一覧 ]
経営革新支援・販路開拓支援・事業再生支援・事業継承支援の
プロコンサルタント
栄ちゃんのコンサル週間日誌    2017/05/13〜2017/05/20

今日の動きが明日を創る

週刊日誌

2017520日号)

□少なくとも見積書は

ある公的機関の経営相談員の方に、

「最近中小企業からの相談で多いのはどんな内容ですか」

とお尋ねしたところ

「電話相談で一番多いのは、代金を支払ってくれないので困っている」

とのことでした。

小規模の建設業者やITソフト開発業者は見積書を提出しないで、口頭で仕事をしているようです。

その相談員の方と防止するにはどうするべきかを話し合いましたが

見積書を提出する。そうすれば少なくとも支払い条件が明確になる

という結論になりました。

□警察署では、犯罪・事故発生にツイッターで

秦野市防犯協会の定時総会で、私は副会長として最後の務めとして、開会のあいさつをしました。

秦野警察署長が

「県下警察署に先駆けて、ツイッターで犯罪や交通事故などの情報発信を始めました

とあいさつされました。

警察暑もITを活用する時代になってきたと思いました。

519日付タウンニュース

DVはこんなに多い

中央大学法学部・廣岡守穂教授パープル・ユニオン執行委員長、女性と人権全国ネットワーク共同代表、性暴力禁止法をつくろうネットワーク運営委員、NPO法人全国女性シェルターネット前事務局長の佐藤かおり様

Q&A方式で授業が進められました。

とてもわかりやすい講義となりました。

DVでの発生件数は、27年度配偶者からの暴力に関するデータでは

 配偶者暴力相談支援センターにおける相談件数は、

 111,630件あった。

 また警察における配偶者からの暴力事案の相談件数は

63,141件で

 いずれも年々増加しているとのことでした。

DVであるかの判断は相手が決めるとことになる、

またDVを受けた方の心理的な解決には長い期間がかかる

とのことでした。

DVとは英語の「domestic violence」をカタカナで表記したものです。略して「DV」と呼ばれることもあります。 「ドメスティック・バイオレンス」の用語については、明確な定義はありませんが、日本では「配偶者や恋人など親密な関係にある、又はあった者から振るわれる暴力」という意味で使用されることが多いです。配偶者からの暴力を防止し、被害者の保護等を図ることを目的として制定された「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律」は、「DV防止法」と呼ばれることもあります(内閣府)

□お客様動向は

R社の営業部会議に出席しました。

今月から、営業マンより、前月活動結果とお客様動向を報告してもらうことにしました。

ところが活動結果の報告はあったのですが、お客様動向についての報告はほとんどありませんでした。

私から

「お客様の動きを察知して、次に何をすべきかがわかってくる。今ある案件を獲得するのも大切だが、将来の案件をキャッチすることがさらに大切だ」

と説明しました。

□御社の課題は

初めて川崎市にあるA社を訪問しました。

社長から現状のヒアリングを行い、

作業場を見せていただきました。

その上で質疑応答を行いました。

そして私から、当社の課題を整理しました。

翌朝報告書を送付したところ、すぐに、コンサルの依頼が来ました。

□アイデアに付加価値をつける

建築士設計事務所から経営革新計画を申請したいとの相談がありました。

代表から、設計業務からものづくりにシフトしていることの説明がありました。

単に設計やデザインだけでは、何も付加価値が生まれない

そこで、付加価値をつけるために、ものづくりに取り組んでおられるとのことでした。

その上で、新製品開発の取り組み状況と市場でのテスト状況の説明がありました。

代表のお話をお聞きして、

経営革新計画に該当すると思いました。

ただし、一番の心配な点は財務であると思われました。

早速神奈川県の窓口に相談に行くことになりました。

□草間弥生展

5月⒙日(木)1030行ってきました。

00mに並んで会場に入ることができました。

閉幕が近いので、鑑賞者が多いようです。

入場早々の広い展示場には、大きな絵画が展示されていました。

圧巻です。

ここだけが撮影できる場所になっており、多くの方が撮影していました。

グッツ売り場も支払いに100m以上並ばなくてはなりませんでした。

草間様は、現在86歳で、今なお描き続けておられるとのことです。

そのパワーに驚かされています。

2016年文化勲章受章されました。

□トピックス

〇小委規模事業者向「持続化補助金」で採択された補助事業は

第一位が店舗の改装・改修等

第二位が設備の導入

第三位がチラシ、パンフレット、カタログ等の作成・配布

とのことです。

531日まで募集されています。

〇しゃべりすぎないこと----

「NEWS ZERO」メインキャスターの村尾信尚氏は

キャスターとしての話し方の心得を、政策公庫広報誌「つなぐ」(NO.9)に次のように述べておられました。

1.しゃべりすぎないこと

2.易しい言葉で話す

3.静かに話す

私も全くその通りと思い、再認識いたしました

実践日誌のつづきを読む
経営士・中小企業診断士 経営コンサルタント・高橋栄一は中小企業の皆様のこんな悩みを解決します。 販路開拓支援 経営革新 黒字化支援
サービス一覧
大手・中堅企業発注企業の開拓訪問1000社の経験から生まれた実践的な経営コンサルティングを行います。販路開拓に伴うさまざまな困難を乗り越えるためには知恵が必要です。

社員の意識改革は、つねに経営者の悩みの種です。コンサルタントを活用すれば、意識改革は効果的に進められるはずです。

中小企業の赤字会社を短期に黒字化するなどの経営改善支援を得意にしている。経営に関する数字のヨミ方、目標の置き方など経営者がおざなりにしがちなポイントを鋭く突いていきます。
中小企業の経営に役立つ豊富な講演内容を取り揃えております。経営者の皆様、会社の改革は意識の改革から。実践的コンサルティングにもとづく講演を是非ご活用下さい。
東奔西走する経営コンサルタントが、経営の現場で日々感じていることを日誌としてまとめました。

実践的コンサルティング事例の一部を公開。経営戦略はこうして生まれる。

コンサルタントとして、中小企業の皆様と共に、次のことに取り組みます。
販路開拓を支援します。
中小企業の皆様がもっとも不得意とされる販路開拓に長年の経験を生かしたノウハウをもって全力で支援いたします。
経営革新を支援します。
中小企業の皆様がもっとも不得意とされる販路開拓に長年の経験を生かしたノウハウをもって全力で支援いたします。
黒字化を支援します。
中小企業の皆様がもっとも不得意とされる販路開拓に長年の経験を生かしたノウハウをもって全力で支援いたします。
Copyright (C) イング・コンサルタンシーAll Rights Reserved